女性の薄毛にもイクオス?育毛剤とサプリの効果と危険性を徹底検証

最近、女性でも薄毛に悩む人が急増しています。男性のようにハゲてしまうことはあまりないものの、地肌が透けるほど減ってしまう女性は少なくありません。

そんな女性におすすめしたいのが、育毛剤イクオスとイクオスサプリEXです。

「え?イクオスって男性用じゃないの?」

今回はイクオスは女性の薄毛にも効果があるのか、副作用の危険はどうなのか、詳しく解説しましょう。

イクオスは男女兼用!女性の薄毛に効く成分がたっぷり含まれている

育毛剤というと、どうしても男性用というイメージがありますよね。

しかし、イクオスは元々男女兼用の育毛剤で、女性のデリケートなお肌でも使えるよう刺激の強い添加物を配合していません。

しかも2016年にリニューアルし、なんと61種類もの育毛成分が配合されています。その中には、女性に嬉しいヒアルロン酸やコラーゲンなど美容効果がある成分もあります。

頭皮もお肌の一部ですから、これらの成分が浸透すれば細胞の若返りをサポートし、薄毛の改善に働きかけてくれます。

つまり、育毛剤のイクオスは女性の薄毛の改善にも高い効果が期待できるのです。

女性はなぜ薄毛や抜け毛になる?男性とは違うこんなメカニズム

まずは、女性がなぜ薄毛や抜け毛になるのか、そのメカニズムと原因について解説しましょう。

出産や加齢による原因だけでなく、最近は10代20代でも薄毛に悩む女性が増えていますが、その原因はどんなところにあるのでしょうか。

女性の薄毛の代表的な原因は、以下の4つです。

  • 加齢による頭皮細胞の老化
  • 女性ホルモンと男性ホルモンのバランスの乱れ(FAGA)
  • 食生活の乱れ
  • 生活習慣の乱れ

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

女性の薄毛の原因①加齢による頭皮細胞の老化

皮膚にはターンオーバーサイクルがありますが、この周期は加齢とともに遅くなっていきます。

年齢 ターンオーバーサイクル
10代 約20日
20代 約28日
30代 約40日
40代 約55日
50代 約75日
60代 約100日

特に頭皮は、全身の中で最も紫外線を浴びる部位です。

さらに、パーマやカラーリング、刺激の強いシャンプーなども頭皮に大きなダメージを与えるため、顔以上に老化が早く、新陳代謝の速度が遅くなります。

すると髪を生み育てる毛母細胞の細胞分裂機能が低下し、髪が伸びにくくなったり、成長途中で抜けてしまったりするのです。

女性の薄毛の原因②女性ホルモンと男性ホルモンのバランスの乱れ(FAGA)

FAGAとは男性型脱毛症(AGA)の女性版で、びまん性脱毛症とも呼ばれる症状です。

AGAが頭頂部や前頭部が薄くなるのに対し、FAGAは全体的に薄くなり、特に分け目や頭頂部の地肌が透けて見えるようになります。

これは、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスの乱れが大きく関係しています。

女性ホルモンには髪の寿命を長くし、健康に保つ働きがありますが、分泌量は30歳前後がピークで、それ以降はどんどん減っていきます。

また、女性ホルモンは非常に繊細で、ストレスを受けると若くても分泌量が減ってしまうのです。

その反面、女性の体内にある男性ホルモンは少なめですが、年齢やストレスで減ることがあまりありません。

そのため、女性ホルモンの分泌量が減少すると相対的に男性ホルモンの影響力が増します。

すると、AGAと同様5αリダクターゼ酵素によって、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうのです。

さらに、妊娠中は女性ホルモンが普段の約10倍に増えるため、髪の寿命が伸びています。

しかし、出産後は元の量に戻るため、寿命を過ぎた髪が一気に抜けてしまうのです。

女性の薄毛の原因③食生活の乱れ

髪の毛を構成しているのは主にケラチンというタンパク質です。

このタンパク質は食事によって得られるため、肉や魚、大豆製品などが不足すると髪に悪影響を及ぼします。

さらに、食事で摂ったタンパク質が髪のケラチンタンパク質に変化するためには、亜鉛やビタミンが必要です。

そのため、極端なダイエットや偏食で栄養が不足すると、髪が痩せて弱くなってしまうのです。

女性の薄毛の原因④生活習慣の乱れ

運動不足が抜け毛や薄毛の原因になることがあります。

頭皮に栄養を届けるのは「血液」です。

しかし、多くの女性は運動不足から血行不良になりやすく、頭部まで栄養が届きにくくなっています。

すると毛母細胞の新陳代謝がうまく行かなくなり、髪の成長が止まって抜けやすくなるのです。

また、質の悪い睡眠も薄毛を悪化させます。

就寝中は成長ホルモンが多く分泌され、細胞の修復や髪の成長を促進させる働きをします。

しかし、成長ホルモンは熟睡していないとあまり分泌されないため、眠りが浅かったり睡眠時間が少なかったりすると毛母細胞が健康を保てず、薄毛を悪化させてしまうのです。

イクオスには女性の抜け毛や薄毛に効果がある成分がたっぷり!

女性の薄毛のメカニズムや原因がお分かりいただけたでしょうか。

女性の場合、男性と違いこれらの原因が重なって起こるため、原因を改善させれば薄毛に効果があるといわれています。

そこで、イクオスが特に女性の薄毛に効果を発揮するメカニズムと、その成分について説明しましょう。

イクオスの効果①:DHT生成の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制

女性でも、男性ホルモンの影響力が強まると5αリダクターゼの働きが活発になり、DHTが生成されやすくなります。

イクオスには5αリダクターゼの働きを抑える以下の成分が配合されています。

  • オウゴンエキス
  • クララエキス
  • 大豆エキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス

また、生成されてしまったDHTは脱毛因子TGF-βを生み出すことによって、抜け毛を引き起こします。

それを阻止するため、脱毛因子を阻止する以下の成分も入っています。

  • ヒキオコシエキス
  • クワエキス
  • セイヨウキズタエキス
このように、イクオスはFAGAの原因をダブルで抑制するため、高い薄毛改善効果が期待できるのです。

イクオスの効果②:髪を生き生きと保つアンチエイジング成分が7種類

イクオスは、紫外線や過剰皮脂、乾燥などによる頭皮の老化を防ぎ、髪を生き生きさせる植物由来成分が7種類も配合されています。

成分名 成分の働き
アシタバエキス 抗酸化、血行促進、細胞活性
イエローヒマラヤンラズベリー根エキス 細胞賦活、抗酸化
セージエキス 抗炎症、抗酸化、血行促進、殺菌、収れん
ベニバナエキス 保湿、抗炎症
オドリコソウエキス 抗炎症、皮脂過剰分泌予防
サクラ葉抽出液 保湿、紫外線防止、毛母細胞活性
ローズマリーエキス 抗酸化、抗炎症、血行促進、抗菌

これらはすべて植物から抽出した成分で、古くからその効果が知られていたものばかりです。

イクオスの効果③:2つの海藻エキスを凝縮したAlgas-2

イクオス独自成分のAlgas-2は、海藻由来成分のM-034とペルベチアカナリクラタエキスを凝縮したものです。

M-034はリニューアル前のイクオスから使用されていたもので、男性ホルモン抑制作用と毛母細胞活性作用があるといわれています。

また、ペルベチアカナリクラタエキスは非常に生命力と保水力が高い海藻のエキスで、細胞の活性化に効果が期待されています。

Algas-2の効果は臨床実験でも結果を出しており、キャピキシルやミノキシジル配合の製品に比べて高い実感率を上げています。

イクオスの効果④:浸透力を高める低分子ナノ水と高分子ヒアルロン酸

どれだけ良い成分が配合されていても、浸透しなければ意味がありません。

イクオスは低分子ナノ水を使用することで成分の分子を非常に小さくし、毛根部まで浸透させることができるのです。

また、高分子のヒアルロン酸を配合し、頭皮の表面に留まって乾燥を防いでいます。

このダブルメソッドで成分の浸透力を高め、さらに頭皮を保護しているので、より高い効果が期待できますね。

イクオスサプリEXも女性の薄毛に効く!?

育毛剤のイクオスと併せて使っていただきたいのが、イクオスサプリEXです。

こちらも成分がリニューアルされ、頭皮や髪の健康を強力にサポートするノコギリヤシや亜鉛、大豆抽出物、イチョウ葉エキスなどが配合されています。

それ以外にも、必須アミノ酸や若々しさを保つ高麗人参エキスなども配合しており、身体の中からも薄毛の原因を抑制してくれるのです。

育毛剤イクオスはデリケートな女性の肌にも安心?副作用の危険性は

育毛剤は医薬部外品ですから、医薬品ほどではないにせよ、頭皮のかぶれやかゆみなど副作用の危険性があります。

しかし、イクオスは頭皮に負担をかけにくい天然成分を使用しており、安全性がとても高くなっています。

さらに石油系界面活性剤やパラベン、シリコン、ポリマー、酸化防止剤など刺激の強い添加物を全く使用していないので、敏感肌の女性にもやさしいのです。

イクオスサプリEXは要注意!妊娠中・授乳中の女性は避けましょう

イクオスサプリEXはサプリメント、つまり食品の一種ですから、医薬品のような「副作用」と呼ばれるものはありません。

しかし、成分のノコギリヤシは、妊娠中・授乳中の女性の摂取は危険とされています。

その理由についてご説明します。

ノコギリヤシにはどんな作用がある?

ノコギリヤシは北米のインディアンが古くから伝統療法で使用しているヤシの一種で、現在では前立腺肥大の治療薬として、欧州では医薬品扱いになっています。

前立腺肥大の原因はまだ解明されていませんが、DHTが活発化すると前立腺細胞が増殖することがわかっています。

ノコギリヤシには5αリダクターゼを阻害する働きがあり、男性ホルモンがDHTに変化するのを抑制するため、前立腺肥大を予防すると考えられているのです。

この作用からAGAにも高い効果が期待できるとして、多くの育毛サプリに配合されています。

なぜ妊娠中・授乳中の女性は飲んではいけない?

薄毛の原因となるDHTですが、男の胎児の精巣や性器を形成させるという非常に大切な役割もあります。

DHTは、男児を妊娠した際に自然に分泌されるようになっています。

しかし、ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きを阻害してDHTを生成させない作用があります。

そのため、妊娠中に摂取すると母体から胎児に移行し、男児の男性機能に問題が起きる可能性があるのです。

また、男児を出産した後に摂取すると、母乳から男児にノコギリヤシの成分が行ってしまい、やはり正常な性器の発育に問題が起こる恐れがあります。

イクオスサプリEXの公式ページには、医師に相談した上で飲むよう書かれていますが、わざわざ危険を冒すことはありませんよね。

妊娠中・授乳中はもちろん、万全を期すために妊活を始めた時点で育毛剤イクオスだけの使用に留めましょう。